鹿児島県産薩摩芋による澱粉発酵法のクエン酸・JAS有機認証のヤマノ のマカ・ノンカロリー甘味料羅漢果など通販 株式会社さんぴすクエン 酸普及会
  • ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ
クエン酸について
よくある質問
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

工藤 健二

メモ

さつまいもによる澱粉発酵法のクエン酸・JAS有機認証のヤマノのマカ・ノンカロリー甘味料の最高峰ラカンカなどの通販サイト 株式会社さんぴすクエン酸普及会


店長日記はこちら

メルマガ登録・解除はこちら
クエン酸とはどんなものか、ご存知ない方もおられると思いますが、日常食べる梅干し(1個に1gのクエン酸)やレモン(1個に4gのクエン酸)に含まれている酸味のもとですよ、といえばおわかりいただけるでしょう。  私たちが古来から親しんできた柑橘類には、このようにクエン酸が含まれており、健康食として利用してきました。
 クエン酸は最高においしい酸味で、食品のかくし味や私たちの健康に役立つ重要な食品お一つといえるものなのです。 クエン酸は食酢と違って無色または白色の結晶性の粉末です。水やアルコールに溶けやすく、クエン酸を99.5%〜102%を含む純度の高いものです。


私達がよく料理に利用する食酢には、主成分として4〜5%の酢酸が含まれています。酢酸は酸味としてはかなり鋭い味であり、鼻につんときます。つんとくるのは、酢酸が非常に蒸発しやすく、低い温度でも気体になるためです。口に入れた食酢の中の酢酸は、すぐに蒸発し、酸の気体としてノドなどを刺激するからつんとくる感じになります。
この酢酸は、体内に入るとクエン酸になって働いています。食酢には酢酸のほか、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸等が含まれているので、下図のクエン酸サイクルの一員としてサイクルを手助けする部分があります。

クエン酸サイクルを論理的に裏付け、証明したのが、ノーベル賞を授与されたイギリスの学者クレブスのクエン酸サイクル説です。私たちが食するでんぷん、蛋白質といった食物から消化された栄養分がクエン酸サイクルにのって円滑に循環するというもの。つまり、クエン酸を摂れば、人間の健康に最も大切なサイクル運動が得られ、体がすっきりし、健康維持に大いに役立つというわけです。 クレブス博士のこの学説により、クエン酸を含んだ健康食品は、アメリカやヨーロッパをはじめ、世界中で飲まれるようになりました。


ふだんそれほど酸っぱいものが好きでない人や、妊娠した女性が酸っぱいものを欲しがるのは、なんとかいつも正常な状態にしておこうとする身体の知恵が働くからなのです。夏の暑さにまいってしまって、疲れたときなどあまりしつこいものは食べない。さっぱりした酢のものが食べたくなるのも、身体が自然に要求するからです。 このような経験は誰にでもありますが、これは酢の持っている酸味の清涼感からばかりでなく、身体が酢を欲しがっているためでもあります。 昔の人は、長い間の経験から、生活の知恵として、酢の摂り方を工夫していたのです。

私たち生き物はエネルギーを作り出せなくなると、生命維持は困難に!
生体エネルギーは、ブドウ糖が解糖作用で二分子のブドウ糖に分裂する際に ATPの生成が出来ることで、此れには酸素の存在は必要とされません。
しかし、副次生産物として乳酸が作り出されるのが疲れの元となります。
此の解糖作用は食事の際の炭水化物の摂取が必要になるのですが、食間や空腹時には、 今一つのATPの生成工程・クエン酸サイクルの存在が欠かせない条件になります。
総ての栄養素はクエン酸を基点として八種類の酸に目まぐるしく代謝を繰り返し、その代謝・燃焼時に体内に蓄積された乳酸や余分な体脂肪も一緒に燃焼させ、ATPを作り出すという、人体エコの究極なのでは??
但し、燃焼するためには酸素が絶対的な必要条件となります。
その中心に座るクエン酸は、体内でも間断なく生成されているのです。
成長期に至るまでは分泌も旺盛であったので、少々の疲れでも一晩の睡眠・静養で回復していたものが、加齢に従い容易には回復も侭ならず何日も疲れを引き摺ることになった原因もクエン酸の分泌不足であったと認識できたとしたら、外部からの補給を考えるべきです。
人体内で生成されるクエン酸と同一のものですから、反作用・副作用の懸念もないのは当然として、飲用することで最も体調維持に不可欠な弱アルカリ性に傾けることの出来る唯一の物質と明言されているのですから、見逃すことは出来ません。
是非、躊躇なくお申し付けください。